【終了いたしました】京都府プロジェクト

昨年に続き今年も京都府立園部高校付属中学校の1年生を対象に日本舞踊の授業を行いました。
  

立派な銀杏の木が色づきはじめていました。

 

初日は、家元より日本舞踊についての歴史と説明、演目の歌詞説明を行い

浴衣に着替えて、いよいよ実戦!

 

まずは、日本舞踊の基本からです。

・扇の説明、持ち方

・すり足、首振り(三つ振り)

 

学習する演目「元禄花見踊」の振り付け

手と足の運びが難しい…!

 

 

初日は、ほとんどの生徒さんが自分で浴衣を着るのが初めてで、帯結びに戸惑う事が多くありましたが

実際に浴衣を着ると普段とは違った雰囲気に、新たな発見となっていました。

 

みなさんが真剣に取り組んだ甲斐があって、最終日には曲の最後まで踊りきる事が出来ました!

 

 

 

今回の取り組みに際し、学校の先生方はじめ、関係者の方々には大変お世話になりました。

この場をお借りしてお礼申し上げます。

そして生徒のみなさん、本当におつかれさまでした!

この学習を通して日本舞踊を少しでも体験し、身近に感じていただけた事、嬉しく思いました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です