春の宵 (家元コラム)

3月に入って、街中や新聞紙面やsns上でも‥ あちらこちらで見かけるように‥

そう、今年もこの季節がやってきました!  京都東山花灯路。                        元々は、京都の閑散期に ということで、始まったイベント。今は繁忙期に!と言われるようになった人気の催しのひとつです。

春乃流では、創流以来ずっと出演させていただいています。

お陰様で13年。 4年間は、高台寺公園に仮設の舞台があり、そちらでの披露。                あーーー 懐かしいー 古典舞踊の中に、その当時使われていた 花灯路イメージソング? にのせて       振り付けをして披露したことも‥ ちょっと斬新な?感じでしたねぇ。

そしてその後、ありがたいことに舞台を八坂さんの舞台に移していただくこととなり。今年で9回目。        初めて舞殿で門下が奉納させていただいた日、今でも昨日のことのように覚えています‥             あこがれのこの場所に、信じられない光景、ほんと感謝のひとことでした。                    きらきらと舞姿が輝いていました。

そぞろ歩く人びとの様子が春の風とともに、この時季 少し寒の戻りがある時ではありますが、春に向かって   ウキウキするような心地よさを感じられるお気に入りのひとときを過ごさせていただいています。

改めてふり返ってみていますが、花灯路に時期が来るといろんな想いがよみがえってきます。

 

今年も始まりました。

そして、昨夜は奉納に向けての総ざらい稽古でした。

心を込めて一同、12日 15日 の奉納に向かいます。

春の宵、どうぞ お楽しみくださいませ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

便利な何でも屋 京都