着付け

この時期は、家から着物を着ていくのですが、
家を出る直前まで家事をして時間計算をして着付けをするので、
時間に押されてぎりぎりの時間で着付けてしまう事が大半です。

思うように着付けが出来ないと、普段なら着直しもするのですが
お稽古日はぎりぎりになってしまうので
気に入るようには着られないのが残念ですが
まず、お稽古に遅れては何もならないので諦めて出掛けます。

着付けは本当に難しく、襟の開け具合、おはしょりのしまつの仕方、毎回勉強です。
でも、見た目もきれいに着られるように踊りと同様、努力したいと思います。

N・M

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

便利な何でも屋 京都