皐月

薫風がすり抜けてゆく。

木々の若みどり揺らし五月雨押しやり

人々をも静寂へと導かん!

まもなく紫陽花の季節が紫蘭も逆らう事なく

ゆれて佇む。

 

春乃 万里香

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です