本能デイサービスでの舞踊披露を終えて

2度目の舞踊披露となりました。

前回以上に、皆様の熱心な鑑賞を

ひしひしと感じ、

絶対に失敗したくない、

いいね~と喜んでもらえるような踊りがしたいと

強く思いました。

ところが、2曲目は出だしが早くなってしまいました。

落ち着いて、と思って踊りだしたつもりが

なかなか調子が取り戻せませんでした。

司会をしてくださったスタッフの方の計らいで

祇園小唄のアンコールがあり、

もう一度踊ることができました。

自分のために踊るのではなく

披露するための踊り、について

しっかり考えなければいけないと

まったく遅まきながら思いました。

M.Y

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

便利な何でも屋 京都